Laser Show Ware  
ニュース | 製品一覧 | サービス | ギャラリー | サポート | 会社概要 | 採用情報 | お問い合わせ | 導入実績

2010/04/14

DSP Mark2のシステムソフトが新しくなりました。おもな機能は特徴は 以下のとおりです。 ダウンロードはこちらから

  • グローバルブライトネスがフェーダーまたはDMXにアサインできます。
  • ジュニアライブが使用できるようになりました。
  • バッファコマンドを入力する時にバッファ番号を指定できるようになりました。

2010/03/25

 Phaenon シリーズに新しく3モデルが追加されました。これに伴って従来モデルPhaenon RGB 500は生産中止となりました。

Phaenon RGB 1000
Phaenon RGB 1500
Phaenon RGB 2000

2010/03/10

ワークステーションおよびコンパクトユーザーの皆様へ

 システムソフトウエアのバージョン新しく更新されました。主な内容は複数の細かな不具合の修正です。今回のバージョンアップでワークステーション/コンパクトへのシステムソフトのバージョンアップは今回で最後となります。今後の改善、修正は、マーク2が対象となります。

マーク2ユーザーへのお知らせ

 新しいバージョンが利用頂けます。ユーザーページからダウンロード出来ます。

過去のニュース

トピックス

レーザープロジェクターは何で選べばいいかご存知でしたか

  • 800mWは500mWより明るい?
  • 10Wは5Wより明るい?
  • ILDAは性能がいい?
  • 30Kより60Kが絶対いい?

弊社製品はこんなところで使われています。

レーザーアニメーション社RGBレーザーの特徴

 黄色やシアンなどの色はR/G、G/Bの組み合わせで作る事が出来ますが、原色の輝度制御が正確に行われないと同じ色を再現できません。フェードイン/アウト時に色が変化しやすいプロジェクターは、原色の輝度制御が正確でないといえます。このようなプロジェクターは、コントローラが出力する原色の輝度信号を正確に反映できないため、再現できる色数もコントローラの出力できる色数より少なくなります。
 レーザーアニメーション社製RGBプロジェクターは、原色の輝度制御を正確に行うための様々な技術を採用しています。

ニュース | 製品一覧 | サービス | ギャラリー | サポート | 会社概要 | 採用情報 | お問い合わせ | 導入実績