Laser Show Ware  
ニュース | 製品一覧 | サービス | ギャラリー | サポート | 会社概要 | 採用情報 | お問い合わせ | 導入実績

ILDA規格準拠のプロジェクターとは

ILDA規格を採用しているプロジェクターには、DB25コネクターのオスが使われることになっています。それぞれのピンは、以下のように仕様が決まっています。ただし、これだけでは、ILDA規格に準拠していることにはなりません。
ILDA規格のプロジェクターは、必ず差動信号を受け取ることが出来なければなりません。ILDAは、信号の送り側をDB25メス、信号の受け側をオスと規定していますが、信号の送出方法についての規定はありません。市場では、XYは、差動信号を受け取るが、カラーは、シングルエンドしか受け取れないというプロジェクターがあります。これらのプロジェクターは、ILDA規格に準拠しているとは言えません。

信号の送出方法には、差動方式とシングルエンド方式があります。差動方式では、通常+と-の信号はいつも対称に送られます。シングルエンド方式では、信号はグランドに対しての変化となります。シングルエンド方式の信号を出すコントローラーをILDA規格のプロジェクターへ接続する場合は、コントローラーのグランドを使用するすべての-(マイナス)信号入力へ接続します。信号を受けるプロジェクターにとっては、送り側が差動かシングルエンドかは関係ありません。

ILDA規格の電圧は、XYが+/-10V、カラーが0Vから5Vと規定されています。これは、X+とX-の間が+/-10Vと言う意味です。プロジェクター側のグランドとX+との間の電圧ではありません。カラーも同様に赤の+と-の間の電圧が0Vから5Vであるという意味です。

ILDA規格の正しい理解とユーザーにとっての互換性向上のため、ILDAでは、"ILDA Certified Projector"というプログラムを開始しました。まだ、多くの情報はありませんが、順次情報が更新されると思います。

ILDA規格適合評価専用ホームページ http://www.ildacertified.com/

ピン番号 信号の意味(2006年現在の草案)
1 X+
2 Y+
3 輝度(またはブランキング)+
4 インターロックA(インターロックBと接続することで解除)
5 赤+
6 緑+
7 青+
8 その他の色1(普通はマジェンタ)+
9 その他の色2(普通は黄)+
10 その他の色3(普通はシアン)+、または、ビームブラシ+に使われる。
11 3Dの左右の切り替え+
12 将来の仕様に予約されている
13 シャッター
14 X-
15 Y-

16

輝度(またはブランキング)-
17 インターロックB(インターロックAと接続することで解除)
18 赤-
19 緑-
20 青-
21 その他の色1(普通はマジェンタ)-
22 その他の色2(普通は黄)-
23 その他の色3(普通はシアン)-、または、ビームブラシ+に使われる。
24 3Dの左右の切り替え-
25 グランド(シャッター用などに使用する。差動信号を受ける時は使用しない。)

 

ニュース | 製品一覧 | サービス | ギャラリー | サポート | 会社概要 | 採用情報 | お問い合わせ | 導入実績